ブログでビジネス
有効活用してビジネス展開を考えている方、すでに始めているけど効果が出ない方へ。

この人のブログに学ぶ
有名人や話題になっているブログから学び取る、その極意とは?

アフィリエイトノウハウ
稼げるようで、稼げない…その秘密と真実とコツに迫ります。

ブログのメリット
twitterもSNSもある時代、ブログにしかできない、そのメリットや楽しみ方。

読まれるブログとは
どうせ書くなら読まれるブログを書きたいもの。人気者になろう!

文章力を磨こう
ブログ独特の文章術ってあるのをご存知ですか?

コメント力を磨こう
コメント一つで、アクセス数も大きく変わります。その理由とは…

トラックバックとマナー
スパムを続けていると、そのうち大きな落とし穴が…

ブログ更新のコツ
慣れと飽きで、ブログを放置していませんか?もっと楽しみ尽くしましょう!

誰にでもできるSEO対策
読まれるブログを書いていても、基本的な対策が出来ていないのではもったいない!

ブログを書けば書くほどお金がたまる?(外部リンク)

トラックバックの有効活用法!

〜トラックバックはこうして有効活用しよう!〜

ブログの最大の武器の一つ”トラックバック”。
その簡単・便利な活用法の一部を今回はご紹介します。

続きを読む

トラックバックの被害記事の多さに思わず・・・

〜アクセスアップ目的だけのトラックバックは返って逆効果〜

情報収集のためにネットサーフィン(ブログめぐり!?)をしていると、トラックバックに関する苦情的な記事を多く見かけます。

続きを読む

トラックバックの使い方。

〜未だに多いトラックバックの間違った使い方〜

当ブログはかなりトラックバックの数が多いです。が、その大多数は削除させて頂いております。

その理由として、

続きを読む

本当のトラックバックじゃないとSEO対策にならない!?

〜トラックバックとSEOについて〜

当ブログで”トラックバックの仕方やマナー”について多くの記事を書いてきましたが、その究極の理由についてお話します。

一般的に大多数の方が認識しているトラックバックとは”関連性の高い記事に対してはトラックバックはしてもよい”という考え方です。

その、”自らが残したトラックバック効果で一時的にアクセス数を増やす”という考え方が定着してきて、本当のSEO対策までにはつながってきていないのが現状なのです。

トラックバックをすることで、その記事に自分のリンクは残りますが、それは”検索エンジンには被リンクとは見なされない”というのが本当のところ。


「ん???言っている意味がわからないぞ!」という方には最初からご説明しましょう!


SEO対策の一環として一般的に知られている手法”相互リンク”。初心者の方の認識では「リンクさせてもらえば、そこからアクセスがあってSEO対策になる」という考え方でしょう。


本当のところのSEO対策というのは違うんです。


”被リンク(リンクをしてもらう)を増やすことで自らのホームページやブログの検索順位が上がる”というのが本当の仕組み。でも、むやみやたらと相互リンクをすればいいというわけではないのがミソ!!でもそれくらいは最近のSEO関連書に書いてあります。


一番肝心とも言える、そこから先は私の口から言えないので、こちらの先生に聞いてください。


で、ブログのトラックバックについてお話しましょう!!

本当のトラックバックの仕方とは、更新するときに相手先のトラックバックURLをコピー&ペースト(貼り付け)するだけというのは違います。

その時にトラックバック先の記事を自分の文中(記事内容)にリンク表示として掲載するというのが本当のところ。それがないと、ただ単に”自分のリンクを勝手に見知らぬブログへ残してきた”という概念にもなってしまい、削除やトラブルの原因にもなりかねません。

幸い、多くの方がそのマナーを知らないがためにトラブルが少なくて済んでいるのが不幸中の幸い(苦笑)


文中にリンクされた方は、”被リンク扱い”となり、当然SEOにもつながってゆきます。そんな風にトラックバックされたところで本当の「トラックバック有難う御座います」なのです。

当然文中リンク等を随時しているサイトも有用と見なされる傾向にあるようです。(そこまで検索エンジンは進化しつつあります、むしろそういう傾向にならないとネットが無法地帯になってしまいます)


もしトラックバックリンクが被リンク扱いだったとしたら、検索エンジンの上位は”アダルトサイトや公序良俗に欠けたサイトだらけ”ということになってしまいます(爆)だって、一括でスパムトラックバックやコメントを無差別に残しているわけですから・・・


ひらめきブログの専門企業Six Apartブログで本格的ブロガーを目指そう!

ひらめき月数百万を稼ぎ出す”カリスマアフィリエイター”にそのノウハウを教えてもらえちゃう講座。

本当のトラックバックはSEO対策につながる!

〜トラックバックマナーを守ることがSEO対策になる!〜

後日、その詳細をお話します。

今まで当ブログで「何故、トラックバックのマナーに関してお話してきたか!?」ということがご理解いただけると思います。むしろ、初級〜中級ブロガーにとっては目から鱗の内容になるかも知れません。

そして、トラックバックやコメント巡業(?)をほとんど用いていないのに、何故当ブログのページランクが高くなってきたのかもわかると思いますヨ!!

その、”本当のトラックバックの仕方”を知ったら、無駄なトラックバックはしなくなるかも知れません(笑)


ひらめき大容量でアクセスログ解析、ストリーミング対応の高性能完全無料ブログ

ひらめきブログ力に長けている人は企画力に長けたビジネスマンが多い。

トラックバックの方法、仕方、トラックバックとは・・・

 何度も取り上げてきたこのテーマ”トラックバック(以下TB)”

 何故マナーがあるのか、何故関連性のないTBはいけないのかをもう少し
わかりやすくご説明しようと思います。

 ホームページの世界においては一般的に”リンクフリー”と言われてお
ります。
(他の考え方があるかたももちろんいらっしゃいます)

 それでも、企業系のホームページなどではリンクをこちらからするのに
許可が必要になったりしますよネ!?

 その理由を伺うと「公序良俗に反するサイトであるか否か」という部分
が焦点であり、その辺を確認したいということなんです。

 当然、こちらからリンクをすればアクセスがアップする確率は上がりま
す。


 しかし、ブログのTBの場合は何故もめるのか・・・


 よ〜く考えてみてください。


 こちらから引用リンク(相手先のブログ)をせずにTBをしたとします。
しかも、”コメントによる前置きもなしに”ということにしましょうか。

 
 となると・・・


 許可なく、自分のブログへのリンクを貼って帰ってくるということになる
のです。一般的に、多くの場合は見知らぬ相手に対してです。

 そうすることにより、少なくとも自分のアクセスは上がります。

 しかし、相手先のページビューは減ります。


 もっとわかりやすく言いましょうか。


 商店街で他のお店のお客さんを奪ってゆく・・・(あくまでもこの場合
です<マナー違反の>)ということになるのです。

 こちらにも相手先ブログのリンクを貼ることにより、お客さんを送り出し
てあげればいいということなんです。


 
 だから、許可や引用リンクとしての相手先記事文URLは必要なのです。

 こうすれば”相互リンク”となり、もめることはあまりありません。


 理解して頂けたでしょうか?

 
 最近アダルトサイトからのTBを”スパム(迷惑)行為”というのは、
一番わかりやすい例ですよね。マナーを無視した場合、結局それと同じ
行為に近いのです。


 ”アクセスアップを狙うために、TBを”などという本も中にはあります。
ですが、TBだけではアクセスアップは無理です。文章力であったり、有用な
コンテンツなどがやっぱり重要になってきますし、一度有用だと感じたブロ
グはブックマークされるはずですから。


▼TBもいいけれど、こんな方法もありますヨ▼
ブログでお金を集める私の秘伝【入門編+飛躍編】

書籍が間違った解釈をしている。

 ブログを使ったアフィリエイトが一般化しつつある今、色んな本が書店でも並べられて

おりますが、甘いタイトルの本ほど効果がないと思ってください。(※おそらく、多くの

方も気付いていらっしゃると思われますが)


 そして、そういった類の本を広げてみると『トラックバックでアクセスを稼ごう!』と

書いてあることにビックリしました。おそらくこの書籍の編集者・著者はブログの概要や

内容を理解されていないのだと思います。

 
 トラックバックとは、ただ貼るだけになってしまうと”リンクを相手先に強要するだけ

のツール”になってしまいます。関連記事だからといって、複数のトラックバックを貼った

としても、自分のブログから相手先のブログにリンク表示や引用記事がなければ、相手先は

単に貴重なスペースを奪われただけになってしまうのです。


 アクセスを稼ぐためだけに利用すれば、それはスパムだと言っても過言ではありませんし、

引用タグ等でその線引きが出来ない方はしない方が得だと思います。(※後々トラブルの

原因になってしまうため)


 くどいようですが、トラックバックとは”相互リンク”が基本です。マナーを守るブログ

は好意をもたれます。そういう意味で提唱していることをお忘れなく!!


ウェブページデザインテンプレートを作るのが苦手な方に・・・

ブログアフィリエイトって成功するの!?

今話題の”インフォプレナー”とは一体何!?


>>あなたのクリックが私のモチベーションを上げれくれます、感謝!!

気付いておきたい”トラックバック”のこんな方法。

 トラックバック(以下TB)の使い方は元々”引用”などを用いた時に、その引用先のリンク

を貼ったりすることでマナーは守られていました。それが最近では”アクセスアップや誘導

のため”のように使われてしまい、本来の機能を失っていることは確かです。


 ブログによってはスパムTB拒否機能は充実しているため、イタズラは少なくなりましたが、

このままだとトラックバック機能そのものが出来なくなってしまう事態に陥らないとは限り

ません。


 どんなことでもそうですが、『マナーを守りましょう!』といったところで守る人は中々

出てきませんし、ましてや匿名性の高いネットの世界ではかなり難しくなってきているのは

確かな事実。しかし、それを淘汰する機能が多くなってきているので、出来ることならば元

の姿へ戻ることがブログ本来の楽しみや幅を広げてくれるものと思っております。


ウェブページデザインテンプレートを作るのが苦手な方に・・・

ブログアフィリエイトって成功するの!?

今話題の”インフォプレナー”とは一体何!?


>>あなたのクリックが私のモチベーションを上げれくれます、感謝!!

トラックバックでアクセスが変わる!?

 スパムをしてまで関連性のないトラックバックが横行してますが、それほどまで

トラックバックというのはアクセスアップに必要でしょうか?答えは”ノー”です。


 私もしばらくはキチンとリンク表示等した上でトラックバックをさせて頂いたり

しておりましたが、多少のアクセスがその日に増えたとしても数パーセントがいい

ところです。しかも関連性がなかったり、キチンと相互リンク表示(マナー上はこれ

が正しい)をしていなかったりすると先方(トラックバック先)に削除されてしまう

ため、結局は時間の無駄ということになります。


 トラックバックURLを更新時に貼ったりするのは時間がかかったりします。話題を

共有する目的でしたらそれでもいいかも知れませんが、最近ではスパムトラックバック

拒否機能がブログでも標準装備されているところが多いため、あまりトラックバックは

オススメしません。


 アクセスアップを図りたいのであれば、キーワードを解析から研究して対策を図った

方が後々でもアクセスが増えてゆきます。それと併せてコンテンツ(有用情報など)を

充実させればPV(ページビュー:閲覧数)もグーンと伸びます。


 ちなみに私の運営するブログの中でもアクセスに対してページビューが8倍という

ブログが存在したりしますが、それはキーワードやコンテンツに重きを置いている

のが功を奏しているわけです。しかもほとんどトラックバックに頼ったりはしません。


 以上のことからわかるように、出来ることならアクセスアップのためにトラックバック

を利用するのはあまりおすすめは出来ませんヨ。


 『どうしても』という方はルールに則った方法でしましょう!


ホームページアクセス急増法

ゼロからはじめるブログアフィリエイト成功法


>>いつも応援クリック有難う御座います

スパム対策強化週間!!

他のブログになりますが、じゅげむでスパムトラックバックに関する対策強化週間を開始し、順次その対策に乗り出すそうです。最近楽天広場(ブログ)でも同じようにスパム対策に乗り出し、不正なトラックバックやコメントが出来ないようになってきましたね。

昨今の企業関連の不祥事にあるように、”不正は淘汰される”ということの表れだと思われますし、ネット(ブログ)の世界でも同じように浄化されることを願っております。


【マナー関連書籍】

12歳からのマナー集―インターネット・ケータイ・電車内マナーから「なぜ殺してはいけないのか」まで

マンガでわかる!親子のためのインターネット&ケータイの使い方―妖精もらるんと楽しくマナーを守るんるん


追記・・・

テンプレートを変更しました。なので、過去の記事が一部見難く(色彩的にも)なっていると思われます。その点をどうかご容赦下さいませ。


>>本日の内容、いかがでしたか?

トラックバックの意味合いとコメントについて。

 私自身、運営しているブログにトラックバックを頂くことが多いので、トラックバック先

へと訪問することがあります(トラックバック返しに行くことが目的:笑)


 そんな中、コメントでよく見かけるのは『トラックバック有難う御座います』という??

なコメント・・・



 トラックバックというのはいわゆる”リンク機能”です。リンクしたい記事のTBURLを自分

の記事の更新時にコピー&ペーストをすると先方に自分の記事がリンクされるのですから、

トラックバックをされて有難うと言うのは変です。


 正しくはトラックバックをさせていただく前に『トラックバックをさせてください』と

申し出るか、トラックバック先の記事を自分の文中にリンクするか(⇒詳細はこちら)


 もし事後承諾を得るならば『トラックバックをさせて頂きました、有難う御座います』

という方がむしろ本当なのです。


 ブログの機能をよく考えた上でコミュニケーションを交わしてゆくことをオススメします。


有用にコメント&トラックバック!できるブログを学んでみよう!!


インターネットとメールを使いこなせるようになろう!!


>>このブログで有益な情報をゲットできましたか?

トラックバックの考え方が変わってきましたね。

 本来ならば関連記事に対する文章へ対するリンク機能という役割を

果たしていたはずの”トラックバック(以下TB)”。


 最近では単なるアクセスアップのために使っている方が大多数

のようで、ちょっとでも同じキーワードが出てくればTBをする

という方が多いのを見かけます。


 著名人のブログや人気ブログのTB状況を見るとよくわかりますが、

宣伝のためのTBや、全然関連性のないTB、アダルトサイトへ誘導

するためのTB・・・と数が多すぎるために管理しきれていないのか、

それとも”それも数字のうち”と判断して削除しなケースが多いようです。


 もうここまで来るとそれが良いとか悪いとか言えなくなってきますし、

目くじらを立てるよう方がおかしいとまで言われてしまいそうです(苦笑)


 ただ、本来のあり方は知っておいた方がトラブルを避けるものとして

有用ですし、好まれるブログとなるのは必至ですのであしからず。

すぐに役立つトラブルにならないためのインターネットマナー

12歳からのマナー集―インターネット・ケータイ・電車内マナーから「なぜ殺してはいけないのか」まで


*人気blogランキングへ(応援クリックに感謝)

狭い日本、そんなに急いで何処へ行く???

 あまりにも関連性のないTBが多いですねぇ〜・・・おそらくそういったTBをする方は関連性があるのかどうかは関係なく(?)『とにかくアクセスアップを』と急いでいらっしゃるのでしょうけど・・・

でもね・・・そういうことをしていると嫌われちゃうんですよねぇ。

時として個人的なことを書いて、『今回の記事に関してはTBはご遠慮下さい』と記述したとします。それでもTBする人はするのです。

だからと言って目くじらを立てる必要もありませんし、自分で対処すれば良いこと・・・。

日本のブログの場合、コミュニティー性がかなりのウエイトを占めているはずですから、せめてTBをしようと思うのでしたら、そのブログをしっかり読んでからにした方が無難です。

心あるブロガーは気をつけましょう!



*人気blogランキングへ(応援クリックに感謝)

新手のTBスパムに注意。

 最近、女子中高生になりすましたブログからのトラックバックを見かけます。

 そうした手法で出会い系などに誘導するというものです。

 更新直後のTBというパターンが多いので、気を付けてくださいネ!

 
 携帯電話でのウイルスが出てきたり、色んなパターンのスパムがあったり、

ブログをはじめとするネット上での悪戯・・・ある程度はセキュリティーソフト

などで防げますが、やはり日ごろからの管理も必要のようです。


 あまりナーバスになって、閉鎖することのないようにしましょうネ!

 楽しく始めたはずのブログですから。

*人気blogランキングへ(応援クリックに感謝)

何故関連性のないTBはいけないのか。

 『何故関連性のないトラックバック(以下TB)がいけないのか?』


 元々TBとは関連性のある記事に対して自分のブログにて、

『私はこう思いますよ』という共通話題に対するツールだったのです。


 日本においてはそれが”コミュニケーションの一端”を担う方法と

して用いられており、それがブログの楽しさやつながれる面白さをかも

し出していい傾向にあるのですが、そこにスパムTBが介入してきている

のが昨今の悲しい現状です。


 『ではスパム行為をしてまで何故TBをする人が増えているのか?』


 それは理由の多くが”アクセスの増加を狙ったもの”として挙げられます。


 TBとはリンク機能であるということですから、それを利用してTBURL

をたくさん更新時に貼れば自分のブログへのアクセスは当然増えるということです。

 
 それをいいことに被害者が急増しておりますが、スパム目的でなくてもブログ

初心者の多くはスパム行為を無意識にやってしまっているのが現状です。
(*文中リンクを施さなかった場合)

【その訳は】

1.TBをすると相手先に自分のブログのリンクが残ります。

2.そこからアクセス者が増えてTBを”した方のブログ”は得をします。
  (とは言っても一時的なものです)

3.TBを貼るだけなら一方的なリンク機能を、(知人なら尚更)知らない
  相手のブログへ貼っただけの迷惑行為に取られかねません。


 と、言うわけです。
 
 (*相互が了解済みでアクセスアップを図ったTBをしている場合は例外)


 本当に関連性のあるTBをする場合は、そのブログの”記事URL”もしくは

”ブログURL”を自分の文中に貼る事で”簡易相互リンク機能”を作り上げて

こそ”正しく、そしてコミュニティー性のあるTBということになるのです。


 最後に、ブログ機能が充実してきている今、スパム行為をしている方は

敬遠されるようになるでしょう。禁止設定が次々とブログで標準装備され、

TBはおろか、アクセスさえもできなくなる可能性が大きいからです。


 イタチごっこになるかも知れませんが、人間性を忘れた運営は、楽しさが

失われるので正攻法=成功法であるということを忘れずに運営しましょう。


 いい文章を書けば、自分らしさを表現すれば、アクセスリピーターは

増えてゆくはずですし、何よりあなた自身が磨かれてゆくはずですから。



【人間性を磨こう】

*宮本輝著;命の器
<内容>
”どんな人と出会うかは、その人の器次第なのだ。”・・素敵に輝いて良き出会いを。

稲盛和夫著;生き方〜人間として一番大切なこと〜
<内容(「MARC」データベースより)>
人間として正しい生き方を志し、ひたすら貫きつづける。それが、いま私たち
にもっとも求められている-。混迷の時代に打ち込む、「生き方」という一本の杭。
京セラとKDDIを創業した著者が語りつくす、人生哲学の集大成。

*人気blogランキングへ(応援クリックに感謝)

スパムとその対策。

 関連性のないトラックバック(以下TB)に遭ったことありませんか?


 そういうのを”スパム”と言います。


 人によっては関連があっても宣伝を兼ねたTBですとスパムと

とられて削除の対象になることも珍しくありません。


 TBを残すも残さないもそのブログの管理者の権限、

リンク機能を残して頂くわけですから、敬意をもってTBしましょう。


 そういった意味でもTB先の記事を自分の文中にキチンと書くこと(文中リンク)。

それが”正しい礼儀あるTBの仕方”というのを先日もお話しましたね。


 でも自分が被害にあってしまったら・・・ 
 

 スパムトラックバックに遭ったら、とりあえず消しましょう!


 最近では”あって当たり前”くらいの気持ちでいないとブログを

継続することさえ出来ないくらいのネチケットのなさが、あまりにも

蔓延していますから。


 そうは言っても人は”感情の生きもの”ですから当然腹も立ちますし、

私自身も怒りに震えることもあります。ですが、そこで深呼吸☆


 最低でも三回・・・吸って〜、吐いて〜、吸って〜・・・


 どうですか?すっきりしました?

 
 どうしてもスパムTBが止まないようでしたら、

”禁止URL”に登録しちゃいましょう!それだったら安心。

 しかし・・・その機能がないブログも多い・・・

 その時は”TB停止”にするしかありません。


 楽しくブログを運営するために、感情的にならない方向へと対処

できれば継続性のあるブログ運営ができますネ!


*”ブログ元年”と言われたのが今年に入ってから・・・

そういった意味では日本ではまだその概念がまちまちですから、

しょうがない部分もありますけどね。



【企業・法人様にこんな情報】

*ブログが9月現在で470万サイトを越えたのはご存知でしょうか?

そのブログを上手に利用した宣伝方法があります。

 こちらからご覧下さい>>ブログマーケティング

(詳細につきましては当方ではお答えできませんので、アクセス先の
 ”メディアネット株式会社 ”へとお問い合わせ下さい。契約事項等
 につきましても上記の通りです。<免責事項として>)

【レンタルサーバー関連情報】

*さくらインターネットが大胆なキャンペーンを実施中です。
 レンタルサーバを新規でご契約くださったお客様に、
gTLDドメイン(com,net,info,biz,org)を1つ1円でご取得いただ
ける、秋まつりキャンペーンを実施いたしております。
(10月31まで)

月額125円からの「さくらのレンタルサーバ」今ならドメインも1円!?


*人気blogランキングへ(応援クリックに感謝)

トラックバックの正しい仕方について。

 ブログの最大の魅力、それは”トラックバック”です。

 この機能は関連記事(他のブログ)に対してのリンク表示がされるため、アクセスアップ
等にも最適ですが、そのためかスパム(迷惑)となっているケースも頻発しております。

 相互の理解・了解の下で関連なしのトラックバック(以下TB)を行うのは支障ありません
が、全然面識のないブログで関連性のないTBをしてしまうと削除されるどころか、次回から
はTBを受け付けてもらえなくなります。(最近では指定TB拒否機能もあります)

 目先のアクセスアップを図ろうとするあまりにこういった行為に走る方が多いわけですが、
長い目で見ると”マナーを守ったTB”の方が削除されることなく継続性もあり、アクセス
アップにもつながり多くの方にブログを閲覧していただけることになります。

 まずはTBの仕方についてご説明しましょう!

 *最初に記事を書く前(後でも可)に関連性のある(同じテーマを取り上げた内容)の
ブログを見つけたとします。各自の設定にもよりますがブログには”コメント・TB”の
表示が記事の下部にございますので、TB(トラックバック)と書いてあるところをクリックしてトラックバックURLを表示させてからコピー&ペーストします。

 *そしてコピーしたTB先のURLを自分のブログ投稿の際に貼り付ければTBは送信
できるわけですが、これだけでは終了ではありません。多くの方はここで失敗してしまい、
あとでトラブルになることも・・・ 
 
 ではその他のTBにおいてのマナーをご紹介しましょう。
 
 <以下記載するどれかの方法を採用することで、円滑にTB機能を利用できます。>

 *『TBさせてください』とコメントを残す。

 *TB先を文中(自分のブログ)にリンク表示して相互リンク機能を作成する。

 *文中に上手く表示できそうもなかったら、”関連記事一覧(例)”としてTB先の記事
 URLを残す。(こうすることでTB先にもリンクできます)

 絶対に(なるべくなら)してはいけないこと。

 *複数TB・・・一つのブログに対して二つ以上のTB(これは投稿の際にミスしてなっ
 てしまう場合がありますが、意図的にやってしまうと全部を削除されてしまいます)

 *関連性のないTB(これも削除の対象になってしまい、結局取り越し苦労に)

 *宣伝だけに利用するTB(こういった利用法を嫌う方もいらっしゃいますので、コメント
 を添えてみることをお薦めします)

 
 私も最初は存じませんで、叱られることも御座いました。それで知ったことでその方々には
感謝しております。ネットは匿名性のツールですが、継続性を考慮したら正攻法=成功法です。

 意外と実行していない方も多く見られるので、この機会にこうしてみてはいかがでしょう?


{注目情報}

Yahoo! BBとパソコンで\49,800(税込)!!


SEO対策の無料相談を承っております。


月額125円からのレンタルサーバ


>>人気blogランキングに参加しています(クリック応援お願いします)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。